バルセロナ紀行1 バルセロナ紀行2 サマーソニック1日目 サマーソニック2日目

灼熱のサマーソニックレポート
SummerSonic2002に行ってきました!(2002年8月の更新を今ごろ。2002年10月起草)
●1日目
私。8/17、18とついにサマソニに行ってきました。
ちなみに、総帥は今まで人生の中で25歳の時に1回しかライブに行った事がありませんが、
今回はいろんな人のライブをみたので、当社比200年分のライブを見た計算になります。テレビでオープニングを見ていたら、私が群衆の中心で映っているのが分かりました!0.5秒ほどですけど。(写真左下参照。バルサユニが分かるかな?)まず、17日。この日のテーマは、NoDoubt、OffSpringを見る事でした。
ビルに遮られた日光が顔を出すとほぼ同時に開始30分前にいきなり何かが始まりました。シークレットオープニングアクトとして、
間寛平の登場です。
一番前のブロックで陣取って、お約束を全く分かっていなかった私は、前に殺到する人波に見事にのみこまれ、お気に入りのオークリーロミオ(左写真参照)を落としかけました。これでとたんに臆病になった私でした。
「ヤバい!このサングラスを失うわけにはいかない!」ということで、争乱の一歩後ろから少し引いた感じでライブを見届けるのでした。
次は、PLEYMOというバンド。ゴレンジャーのようなつなぎのタテノリのバンド。絶対にこれだけの観衆が知ってるわけが無いのに、なぜか最前列は大暴れ。ここで、私は気付いた。
「こいつら、大騒ぎのためだけにここに来ている!!!」
かわいいステファニー!
総帥テレビ出演NOFXオフスプ この日は様々なもの(行くか行かないか分からないサイン会用のマジックとスケッチブックとかまで)を仕込んできた大きなカバンに引きずられて、フットワークがかなり悪かったです。
次に、インテックスでやってる、MUMというバンド(?)に美人姉妹がいると言うことなので、見にいってみると
かなりしょぼい環境音楽みたいなやつでした。Cardigansとかを期待していたのでかなりツラーくなって、1曲で抜け出して、しばしの昼食タイム。
昼食にフォー(ベトナムの汁そば)をいただき、ビールを飲んで水分補給。食事がいろんな国のものが出ているのでおもしろかったです。席が無いのはしゃーない。
次は、一十三十一(ヒトミトイと読むらしい。なんだそりゃ?)を見に行く。
曲は、どーでもいいのですが、何といってもその
ヒトミトイさんのキャラが最悪。ビヨークをちょっと混ぜた不思議チャンを演じようとする痛さが観客にも伝わってきて、続々と帰る始末。ああ、俺たちも一緒になって帰りましたよ。ボリュームが大きいすぎたしね。
で、とりあえずNodoubtに備えて屋外ステージに移動。その前のアーティストの時に最前列のブロックに紛れ込みに成功。
で、始まりました。Nodoubt。(写真右上)
ステファニーちゃんかわいー。Vogue時代のマドンナみたい。今まで屋外は男ばっかだったので、セクシーかつ爽やかな風が吹いたような気がしました。
実際にすごい砂ボコリです。ようやく知っている曲に出会ったので私も満足です。
さすがにここまで大御所だと、
歌う曲はヒット曲ばっかり!ただ、何となくソツなくまとまっているだけで、感動がいまいち少なかったです。
次はNOFX。(写真左中)知りませんでした。このバンド。でも、かなりの人気者で、結構人も集まってきていました。知っている曲もあったかも。
で、客もかなりあったまったところで
最後のOffSpringへ突入!(写真左下)これは、右後ろのにーちゃんがスゴかった。全部、歌えるの。完璧に。ライブ後、敬意を表して握手してもらおうかと思ったくらい。
OffSpringも、ヒット曲のオンパレード!みんなも盛り上がっていますが、暴徒の輪から少し距離を置いてみていたら、最前列のブロックの一番後ろまで来てしまいました。それくらい暴徒の輪が大きくなってきていたのです。でも、暴徒達が前に移動の際何回も肩がぶつかって腹立ったので、足を掛けてやろうと足を出していたら、全員それを器用に抜けて行った事が気に入らねえ。で、前にいたにいちゃんが上半身ハダカで(下半身ハダカでも困るけど。)踊っていて、たまに肌が触れあうのも殺意を覚えました。まあ、
私はヘタレなので、無用なトラブルは起こせませんけどね。アンコール後にPretty Fly!みんなでアハン!アハン!
●初日に分かった事
●最前列は注意
●荷物は必要最小限に
●Tシャツ、グッズの人気商品は初日で売り切れる
●地面に直接座るので尻の皮が厚くなる
●知らないアーティストを無理して聞くと、聞きたいアーティストの時に体力が持たないことがあるので、体力づくりとペース配分、水分補給は忘れずに。
●柵を超えることは悪いことだが、係の指示を聞いていたら、無法者に出し抜かれることが多い。
●帰ってきたら鼻クソが黒い。髪の毛は自然に茶髪になっている。(砂ボコリで。)